ユーザーには不思議に感じるかもしれませんが、同じ大手キャリア(MNO)の無線設備を利用しているMVNOなのに実際の通信速度が異なるのは各MVNOが自社で運用している通信設備や利用している回線帯域が異なることと各社のユーザー数が異なることが原因なんです。

MVNOって聞いたことがあると思います。

「SIMフリー」という言葉をご存じでしょうか。

スマートフォンや携帯電話にはID番号が記録されたSIMカードが必要で、大手キャリアで契約すると通信機器や携帯電話1台につき、SIMカードが一枚貸し出されます。

大手携帯キャリアが貸し出す携帯や通信機器は他社のSIMカードが使えないように「SIMロック」されています。

それに対し、自社以外の携帯機器でも使えるようにSIMロック機能を外したものを「SIMフリー」機器と呼びます。

ただしSIMフリー通信機器だからと言って、どのキャリアでも使えるとは限らないことに注意が必要です。

格安通信機器が注目されています。

格安通信機器を手に入れるには大聞く分けて二種類の方法があります。

一つは店頭で購入する方法、もう一つはWEBでのネット購入です。

初期設定が面倒な方や販売員の手助けが欲しい人は店頭販売が良いでしょう。

PCに詳しい人やIT機器の比較検討がお得意ならネット販売を利用するのが良いでしょう。

お得なMVNOはWEBだけで購入できる場合が多いのです。

ただSIMフリー通信機器はなじみのある国産機種はほとんどなく海外製品が主流です。

大手量販店などでも最近SIMフリー通信機器が販売され始めたので入手しやすくはなったのですが、おサイフケータイなど国産ならではのサービスがある国内むけスマートフォンを利用したいという人もいます。

実は国内むけの中古通信機器でも「格安SIM」と組み合わせて格安通信機器として利用できる場合があります。

立とえばIIJや日本通信などNTTドコモのネットワークを利用しているMVNOならドコモの中古通信機器が利用できるのです。

格安SIM・格安通信機器を提供する会社は選ぶのに困るほど増えています。

各社が提供する格安サービスの通信速度スペックを見ると下り「最大150Mbps」とほぼ横並びです。

しかし、実測値を計測した雑誌記事によると下り通信スピード(拙速という言葉に代表されるように、速いだけではダメなんですよね)は1M~10Mbpsとサービス間で10倍以上の差がでています。

このMVNOは低価格でスマートフォンが利用できる格安通信機器が登場した影の立役者なんです。

MVNOは日本語で書くと仮想移動体通信事業者と言う意味で、大手の携帯電話会社やPHS会社から無線設備を借りて自社ブランドで通信サービスを提供している事業者のこと。

MVNOの方が大元の大手キャリアより通信サービス料金が安いのは不思議ですが、自社設備が不要なことがりゆうらしい。

格安通信機器に乗り換えようと思っているけれど、今使っている大手キャリアの電話番号が変わるのは嫌だからと乗り換えを躊躇していませんか。

知らない方が多いのですが、実は格安通信機器でも(MNP)携帯番号ポートビリティに対応しているので、大手キャリアから格安通信機器に乗り換えても今の電話番号をそのまま使えるのです。

NTTドコモなどの大手キャリアなら月額6千円以上が普通のスマートフォン月額料金ですが、格安通信機器に乗り換えるとおよそ月額3千円程度に安く出来るという声をききます。

格安通信機器で月額料金がお安くなるのは、大手キャリアから回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)を利用した格安SIMの採用と、キャリアSIMに縛られないSIMフリースマートフォンを安価に手に入れられるようになったからです。

格安通信機器に乗り換えて改めてそのメリットを感じたのは通信料金が安くなっただけではありません。

大手キャリアと契約すると「2年縛り」でキャリアや端末の変更がまあまあ面倒になるのです、格安通信機器には大手キャリヤみたいな「縛り」がない会社が殆どですので好きな時にサービスや端末を乗り換えるられます。

好きな時に乗り換えてもよけいな費用がかからないのは新サービスが次々に登場するモバイルネット通信の世界ではうれしいメリットです。

こちらを参考にしましたーー>プロバイダ 乗り換え おすすめ